タクシー運転手として働くには、普通免許以外も必要?

タクシー運転手は乗客を目的地まで正確に運ぶ仕事

タクシー運転手は、乗客を希望の目的地まで運ぶ仕事です。

タクシー運転手には、大きく、個人タクシーと法人タクシーの2種類に分けられます。

個人タクシーは自らが個人事業主となるタクシー運転手で、法人タクシーはタクシー会社に勤務し、会社が保有しているタクシーを使って働く運転手です。

夜勤のタクシー運転手は1日の労働時間が非常に長く、15時間~20時間というのが一般的です。

もちろん、ずっとタクシーの運転をしているわけではないので、正確に言えば、拘束時間が長時間ということになります。

翌日は休日で、出勤と休みが交互になるという、他の職業ではあまり見られない勤務体系が特徴です。

また、タクシー運転手は、給料が歩合制になっている場合が多く、なるべく多くの乗客を運んで、1日に多く運転しようと心がけます。

運転技術が優れていることはもちろん、広範囲で地理を把握しておく必要がある職種です。

タクシー運転手は普通免許だけでは仕事ができない

タクシー運転手は、普通自動車免許だけではなることができません。

一般の方が取得している普通自動車免許は、「普通自動車第一種運転免許」です。

タクシー運転手になるためには、「普通自動車第二種運転免許」が必要です。

普通自動車第二種運転免許は、乗客から賃金を受け取って働く上で、必ず必要な免許です。

ただ、タクシー会社に就職した時点で、必ず第二種運転免許を持っていないといけないということはありません。

ほとんどのタクシー会社は、第一種運転免許を持っている方を採用し、タクシードライバーを養成することが多いです。

第二種運転免許を取得する際は、費用を負担してくれます。

第二種運転免許を取得するためには、第一種運転免許を取得してから3年以上、21歳以上という条件があります。

タクシー運転手を非正規雇用している会社もある

タクシー会社は、どうしても1日の勤務時間が長くなるため、夜間のみ、昼間のみ働く運転手を、非正規雇用している企業もあります。

1日に大体3時間程度の休憩を取るほか、乗客がなかなか見つからない場合は、タクシー乗り場で待機している時間もあるため、実質の勤務時間はまちまちです。

1日の乗車の上限時間が定められているため、月に15日程度は休日があるタクシー会社がほとんどです。

まとめ

タクシー運転手は、定年退職者の割合が多い職業です。

その日によって実質勤務時間が異なってきますが、空いた時間を有効活用できる仕事と言えるでしょう。

また、1日に移動できる距離に制限がある事も特徴です。

従って、1日の売り上げに上限がある事も頭に入れておきましょう。

派遣会社ランキングでは、タクシー運転手の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから