音響スタッフの主な仕事内容は?

音響スタッフは音響全般を担う仕事

音響スタッフは、ライブやコンサート、または舞台などで音響に関する全般の仕事を行っています。

PAや音声さんと呼ばれることもあり、多くの音響スタッフは、音響を扱う企業やテレビ番組の制作会社、またはレコードレーベルなどに所属しています。

音響機材に関する専門的な知識や、細かい音の違いを聴き分けるような能力も必要になります。

正社員だけでなく、非正規雇用で働く方も多く、最新の音響機材を使える人材は需要がとても高いと言えるでしょう。

音響スタッフになるために必要な資格ってあるの?

音響スタッフになるために必要となる資格はありません。

しかし、音響スタッフになるにあたって、持っておくと仕事の幅が広がる資格はあります。

厚生労働省の管轄で実施されている「舞台機構調整」という資格は、3級から1級まである国家資格です。

ホールや会館など、コンサートや舞台が行われることが多い現場で勤務したいと考える方の多くが、取得を目指している資格の1つです。

また、音響スタッフとしてスタジオなどで働きたいと考える方は、「サウンドレコーディング技術認定試験」などの受験を考えます。

テレビ関係の仕事で、音響スタッフとして勤務したい方は、「映像音響処理技術者資格認定試験」などが、就職後に役立つ資格として知られています。

音響スタッフは仕事の幅が広いので、多くの資格を持っているほど、いろんな現場を経験できる可能性が高いでしょう。

音響機材を車に乗せて移動することもあるので、普通自動車免許も取っておくことが無難です。

非正規雇用の求人も多く出ている音響スタッフ

音響スタッフとして働くには、制作会社や音響専門の企業、レコードレーベルの求人に応募するというのが一般的な流れです。

テレビの放送局なども選択肢の1つですが、試験の倍率はとても高く、音響に関する多くの知識が求められます。

全体的に、音響に関わるスタッフは非正規雇用の割合が多いです。

特にコンサートやライブなどでは、仕事量に応じて臨時的に派遣社員やアルバイトを雇うというケースがよくあります。

いろんなイベントで音響スタッフとしての実績を積んで、後々、正社員として働くという方も中にはいます。

まとめ

音響スタッフの仕事内容は、デジタル化が加速しています。

使用する機材も、パソコンが中心の性能が高いものが増えているので、若い世代の方でも十分目指せる職種だと言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、音響スタッフの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから