銀行員は安定した職業って本当?

銀行員は顧客の資金を管理する責任の大きい仕事

銀行員は、銀行で勤務する方のことをいい、金融業界において1番有名な職業の1つです。

銀行員の仕事として、一般の方でも分かりやすいものは、「預金業務」です。

銀行口座を使って、銀行を利用している顧客の資金を管理するという仕事です。

その他には、「貸付業務」もあります。

貸付業務は、お金を顧客に融資して返却時の利息によって銀行が利益を得るというシステムになっています。

また、外貨建ての資金を決済したり送金するための「為替業務」や、一般の方の生活とも関わりが深い「口座振替」も銀行員の大事な仕事です。

銀行員と言えば、名前も有名ですが、非常に安定している職業というイメージが強いと思います。

実際、銀行員は安定している職業なのでしょうか?

銀行員の現状は安定している?

銀行員は公務員と同じで、倒産の心配がまったくない堅実な職業というイメージが根強いです。

ところが近年、そのイメージが徐々に崩れつつあります。

金融業界において、規制緩和が活発になり、銀行というものの形式が多様化してきているのが、その主な理由です。

インターネット支店のみを運営する銀行や、銀行の定期預金よりも資金効率の高い資産運用の登場など、銀行員の地位をおびやかすサービスが増えています。

銀行口座を開設し、普通に貯金していくのが当たり前の時代ではなくなり、今は顧客が銀行を選ぶ時代になっているのです。

時代に沿った銀行員の形を模索することが大切

銀行員は、真面目で責任感が必要とされる職種としてこれまで高い地位を築いてきましたが、これからはもっと多くのスキルが求められる職種となるでしょう。

銀行員の行う仕事内容も、他の金融商品やサービスとの競争に勝つために多様化されています。

一般職の銀行員は、移動や転勤もなく、女性でも働きやすい職場でしたが、仕事自体の負担は確実に増えてきています。

先ほども紹介したように、ネット銀行など銀行員として働ける現場も、時代の流れに沿って変化が出始めています。

「銀行員になることができれば安泰」というイメージをリセットし、今ニーズの高い銀行員としての形を模索することも、これからの銀行員にとっては大事になってくるでしょう。

まとめ

銀行員は安定した職業かと問われると、現代では疑問が残ります。

先程もお話したように、銀行同士のサービス競争が、ネットバンクの台頭により激化している為です。

ただ、下火になっているということではないので、目指す方は金融業界の現状を知っておきましょう。

派遣会社ランキングでは、銀行員の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから