歯科助手ってどんな職業?

歯科助手は歯科医の治療を陰で支える存在

歯科助手は、歯科医をサポートすることが主な仕事内容です。

歯科衛生士は国家資格が必要な職業ですが、歯科助手として勤務するにあたっては、特に資格は必要ありません。

歯科助手をサポートすると言っても、歯科医院で行う事務作業が、歯科助手の主な仕事内容です。

受付や会計業務、カルテの整理や予約の確認、電話応対など、歯科医院で必要な事務作業全般を、歯科助手が担っています。

もちろん、直接的に歯科医をサポートする仕事もあります。

治療する際に歯科医に器具を渡したり、準備したりというのも、歯科助手の大事な仕事です。

歯科衛生士と歯科助手には大きな違いがあります。

歯科助手は、歯科医に訪れた患者に直接触れて、治療をすることはできません。

あくまで治療をするのは歯科医で、スムーズに治療を進められるサポートをします。

国家資格を持っている歯科衛生士は、患者の口に直接触れることができます。

治療をすることはできませんが、予防処置や保健指導など一部のことは可能です。

歯科助手の民間資格は数多く存在する

歯科助手は資格が必要ない職業です。

従って、歯科助手の募集をしている企業に採用されれば、誰でも歯科助手として勤務することが可能です。

ただし、資格は必要なくても、経験がなければ簡単に就職できるとは言えない職種です。

歯科助手として採用されやすくなる方法として、関連する民間資格を取得しておくという方法があります。

技能認定振興協会によって実施されている「歯科医療事務管理士技能認定制度」は、受験資格がない試験で、基本的には誰でも受験可能です。

その他にも、「歯科助手検定試験」、「歯科医療事務検定試験」、「認定歯科助手」など、民間の歯科助手関連の資格は数多くあり、1つでも取得しておけば就職に有利になるでしょう。

歯科医院に訪れる方の目的の変化とは?

これまで歯科医院に訪れる方は、ほとんどが虫歯など、歯の治療が目的の方でした。

しかし近年、ホワイトニングやインプラントなど、歯を美しくするために通院される方も増えてきています。

「審美歯科」という、歯を美しくする専門の歯科医も存在し、マーケットとしてはまだ発展途上です。

従って、これからのニーズを考えると、歯科助手のニーズも比例して増えていくことが予想されます。

まとめ

歯科助手は資格が必要ないとは言うものの、専門的な知識が多く必要な職業で、未経験から直ぐにスタートできるものではありません。

現状、まだまだ需要に供給が追い付いていないと言えます。民間の資格を取得してから、歯科助手を目指してみるのも良いかも知れません。

派遣会社ランキングでは、歯科助手の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから