自動車整備士ってどんな資格?

自動車整備士はハードルの高い国家資格

自動車整備士は、車のメンテナンス、また修理や組み立てなどの専門的な知識が問われる国家資格です。

自動車整備士は誰でも簡単に受けられる資格ではなく、実務経験を積んでいるか、自動車整備士を養成する施設に通って、受験するための条件を満たさないといけません。

自動車整備士としての実務経験を積むのは、非常に難しいことです。

従って、資格取得のための条件を満たすために、養成施設か専門学校に通うという方のほうが多いという傾向にあります。

2級以上を取得していればほとんどの整備がこなせる

自動車整備士試験は、学科試験と実技試験の2種類で構成されています。

自動車整備士を養成する施設に通って、課程を修了した方に関しては、実技試験が免除され、学科試験に通れば資格を取得することができます。

1級~3級、またそれ以外に特殊整備士という資格もあります。

一般的には、最初に自動車整備士の3級を取得し、その後に2級を受験するという方が多いです。

2級を取得していれば、ほとんどの車種の整備ができるので、就職するにあたって非常に有効な資格になります。

1級自動車整備士は、アドバイザーとしての地位も築ける上に、工場の現場で安全管理者として働くこともできます。

2級は分解や整備などの作業を、自分1人の力でできるレベル程度です。

3級は、それ以上に上級の自動車整備士の指導を受けながら、現場で基本的な整備を担当することが可能です。

特殊自動車整備士は、車の中でもある分野に特化して、2級自動車整備士並みの知識や技術があることを証明できる資格です。

自動車タイヤ整備士や、自動車電気装置整備士など、より細かい分野で活躍できることが予想されます。

自動車整備士の働き先は?

自動車整備士の資格を取得すれば、整備士として企業に就職される方がほとんどです。

自動車を扱う企業と言っても、工場だけではなく、自動車の販売店やカーショップなど、働き方には種類があります。

基本的に、1つのメーカーの自動車を取り扱う販売店よりも、工場やカーショップの方が、多くのメーカーの自動車に関する知識が必要とされています。

または運送会社など、車を使用した事業を展開している企業や、ガソリンスタンドの修理担当など、2級以上を取得していれば、働き先に困ることはまずないでしょう。

まとめ

先ほど紹介したガソリンスタンドなどの新しい仕事先や、車を使用した事業というのは、現代の車社会において、まだまだこれからも活発に展開していく事業と言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは自動車整備士のほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから