正社員ではない女性が結婚しにくい理由って?

正社員ではない女性の興味深いデータ

日本労働組合連合会が、2017年9月に正社員ではない女性に関するアンケート調査を実施し、結果が発表されました。

 

・回答した女性の内訳

パート:57.6%

アルバイト:20.4%

派遣社員:10.7%

その他:11.3%

 

1,000人に実施したアンケートで、配偶者の有無についての質問で、非常に興味深いデータが出ています。

最初の雇用形態が正社員だったという方で、現在結婚している方は70.9%という結果になりました。

しかし、最初の雇用形態が非正規雇用だった女性の場合、現在、結婚している方の割合が26.9%まで一気に下がります。

つまり、正社員じゃない女性は結婚しにくい、または離婚しやすいというデータが出ているのです。

厚生労働省が平成25年に発表したデータでも、実は同じような結果が出ています。

女性が結婚する直前の雇用形態は、正社員の女性が64.2%で、正社員ではない女性が29.2%となっています。

正社員ではない女性が結婚しにくいのには、一体どんな理由があるでしょうか?

正社員ではない女性はなぜ結婚しにくい?

正社員ではない女性が結婚しにくい理由として、男性が女性に求める条件の変化が挙げられるでしょう。

近年、共働きの夫婦が増え、男性も女性に対してある程度の安定した収入を求めるようになりました。

また、他に推測される理由として挙げられるのは、正社員ではない女性は収入面で劣り、出会いのために使えるお金が少ないということです。

さらに、正社員の女性の方が、しっかり正社員で働いてる男性と環境的に会う機会が多い、ということも言えるでしょう。

結婚したい女性は、正社員を目指すべき?

他にも、日本労働組合連合会のアンケートで分かったデータがあります。

正社員ではない女性が、現在の非正規雇用を選択する理由には、以下のことが挙げられます。

 

・都合に合わせて働きたい:41.3%

・家庭の事情:28.2%

・働く日数や時間が少ないから:27.0%

・正社員で働ける場所がなかったから:21.1%

・仕事が簡単で責任も少ないから:16.6%

 

理由を見ていると、正社員で働きたくても働けないという女性は、決して多いわけではありません。

このデータから、結婚を優先したい場合、正社員で収入を安定させることが、結婚しやすくなる1番の方法かもしれません。

まとめ

正社員ではない女性は、今のまま婚活をするよりも、先に収入を安定させる方がいいという考え方もできます。

勿論、正社員になれば必ず結婚出来る、というものではありませんが、「収入を安定させる」という考え方も、選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

派遣会社ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから