女性に人気のファッションコーディネーターってどんな仕事?

ファッションコーディネーターは流行を読み取り、販売を促進させる仕事

ファッションコーディネーターは、アパレルを取り扱っている企業や専門店、百貨店などにおいて、ファッションブランドの販売を促進し、企業やお店のイメージを向上させる仕事です。

ファッション業界の流行を掴み、これから売れそうなものを見極めることも、ファッションコーディネーターの大事な役割です。

ファッションコーディネーターという職業名で就職するというよりは、アパレルを扱う企業のマーケティング系部署に配属されることが多く、ファッションコーディネーターとしての仕事を開始するという方がほとんどです。

ファッションコーディネーターは企業系と販売店系の2種類がある

ファッションコーディネーターが活躍する場所はさまざまです。

企業でファッションコーディネーターとして働く場合、デザインを担当するのであれば、ブランドのイメージを壊さないように、自分の企画や提案をすることになります。

マーケティング系部署に配属された場合は、ファッション業界の市場調査を行って、販売促進に勤めます。

ファッションコーディネーターはその他、営業部で働くこともあり、その場合は販売店への提案力、コミュニケーション能力が高く求められます。

専門店、百貨店など実際に現場で働いているファッションコーディネーターであれば、店舗に自分で提案したディスプレイを施します。

また顧客に対して、ファッションに関するアドバイスやコーディネートを行って、販売を促すという重要な役割もあります。

販売店で働く場合、まずは経験を積むところから!

ファッションコーディネーターになるのに、特別な資格は必要ありません。

しかし、大学や短大で家政科を学んでいたり、服飾系の専門学校に通っていると、ファッションコーディネーターへの道がより近くなるでしょう。

販売店でファッションコーディネーターを務めるには、現場を取り仕切るリーダーのような存在になることが予想されます。

従って、販売店に就職しても、すぐにファッションコーディネーターとして働き始められるというわけではありません。

通常の販売員として経験を積み、提案力や市場を分析する力を養わなくてはいけません。

まとめ

ファッションコーディネーターは、ファッションへの関心はもちろん、いろんなジャンルのファッションをあらゆる角度で分析しなければいけない職業です。

派遣会社ランキングでは、ファッションコーディネーターの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

 

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから