予備校講師ってどんな職業?

予備校講師は授業をするのに特化した職業

予備校講師は、予備校の教壇に立って、特定の科目を教えることが主な仕事です。

学校教師であれば、生活指導も合わせてすることが一般的ですが、基本的に予備校講師は勉強以外のことは業務に含まれません。

その分、分かりやすく効率的に、生徒に勉強を教えることができるスキルが求められます。

生徒から勉強の仕方を聞かれたり、相談事があれば、それに答えてあげる役割もあります。

予備校講師は有名になると、別の予備校から講師としてオファーを受けることも少なくありません。

またその逆に、人気が出るまでなかなか授業を担当させてもらえないこともあり、複数の予備校で講師として教えている人もいます。

時代の流れで予備校講師の働き方も多様化!

予備校講師の授業の仕方は多種多様です。

一般的な予備校講師は、普通の学校教師のように朝から出勤し、18時ごろまで働きます。

それでも、予備校は深夜も開いているところが多く、自習室の当番になったりすると、もっと遅くまで勤務しなければいけないときもあります。

授業の形式は、普通の学校と同じで複数人を一斉に教える場合が多いです。

それ以外では、1対1で個別指導を行っている予備校講師もいます。

1つの予備校で1つの授業形式とは限らないので、いろんな教え方ができるスキルが必要となります。

近年では、授業がウェブ配信されたり、スカイプを使って自宅にいる生徒に教えるという形式も増えてきています。

もっと言えば、予備校講師と生徒が一切話すことなく、DVDなどの教本を生徒が使用して、教科書のように使いながら勉強をするという形式もあります。

予備校講師は採用条件が厳しいところもある

予備校講師は、教員免許を持っていなくても働くことができます。

資格の制限はありませんが、予備校講師になるには、予備校が用意した試験を受けるというのが一般的です。

さらに大卒以上など、基本的に学歴はあった方が、採用される可能性は高くなるでしょう。

日本全国に展開している大手の予備校では、採用条件が厳しいところもあります。

誰もが知っている有名大学を卒業していることが採用条件となっている場合も有りますが、中小の予備校講師の場合、アルバイト経験なども採用の判断材料にしてもらえるところもあります。

まとめ

今の予備校講師は、一昔前の様な、大勢を一人で対応する、といったスタイルの授業ではなくなってきています。

例えば個別授業の様に、時代にあった、ニーズのあるスタイルでの授業が求められているのです。

予備校講師になりたいと考えている方は、その辺の対応力も必要となります。

派遣会社ランキングでは、予備校講師の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから