いろんな場所で需要がある、警備員ってどんな仕事?

警備員はいろんな場面で安全確保や危険を回避する仕事

警備員は、工事現場での誘導、あらゆる施設の見回りなど、一口に警備員と言っても多くのスタイルがある職業です。

警備員としての仕事は、警備業法でしっかりと定義されています。

警備員は、主に4つに分類される職業です。

 

・1号警備

テーマパークや駐車場、デパートなど多くの人が集まる施設、そしてビルなどの警備を行うのが、1号警備です。

一般的に警備員としてのイメージが強いのは、この1号警備でしょう。

・2号警備

工事現場の、歩行者や自動車が通りにくくなっているところで交通整理を行ったり、イベントや祭りで多く人が集まるときの誘導や安全確保に努めるのが、2号警備です。

・3号警備

3号警備は、より責任感が大きくなる輸送警備です。

現金や貴金属などを輸送している車の警備が主な仕事内容です。

・4号警備

4号警備は、簡単に言うとボディーガードです。

特定の人物の身辺警備にあたって、安全確保と危険回避に努めます。

警備員の資格は多種多様!

警備会社の採用試験に合格すれば、誰でも警備員として働くことができます。

しかし、警備系の資格は非常に多く、自分がどのような警備を担当したいのかによって、取得を目指す資格は変わってきます。

また警備の現場においては、所定の有資格者が1人はいないといけないという現場も多く、警備系の有資格者は重宝されるでしょう。

資格のほとんどが、名前でどのような警備に必要な資格なのかが、判断できるでしょう。

主な資格は以下の通りです。

・交通誘導警備検定

・施設警備検定

・貴重品運搬検定

・空港保安警備検定

女性警備員の需要も高まってきている

警備員と言えば、屈強な男性が行うイメージがありますが、実は女性の警備員も需要が高まっています。

どんな現場で需要が高いかと言えば、主に万引きなどの犯罪を犯した方の見張りを必要とする現場です。

また、女性のボディチェックは、男性警備員が行うわけにはいきませんので、女性警備員が担当します。

また交通整理の現場でも、女性の警備員の方がスムーズな声かけができるという声が上がっています。

まとめ

警備員は男性だけでなく、警備会社に一定の女性警備員が確保されているなど、男女問わず多くの人たちが活躍している職種と言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、警備員の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから