必要不可欠な職業、助産師ってどんな職業?

助産師は命の誕生をあらゆる面からサポートすることが仕事

助産師は、出産の際に産婦のサポートを行う仕事です。

助産師は、1899年にはすでに、資格が必要な職業として名簿登録規則が発布されていた、とても歴史のある職業です。

当時は「産婆」と呼ばれていました。

2002年から、保健師助産師看護師法という法律が適用されたことを受けて、助産師と呼ばれるようになりました。

助産師の資格を取得できるのは女性だけで、男性が取得できるのは看護師や保健師の資格のみとなっています。

助産師の仕事内容は1つではない

助産師は、胎児を取り上げることが主な仕事ですが、仕事内容はそれだけではありません。

もう1つの助産師の重要な役割は、妊婦や出産を終えた後の女性のサポート、そして新しく生まれてきた赤ちゃんの保健指導です。

具体的には、妊婦の健康を管理することや、生活習慣の指導、出産を終えた女性の生活指導まで、出産に関わるあらゆることをサポートしていきます。

また助産師は、妊娠している人や出産を終えたばかりの人に指導を行うだけではありません。

これから出産を考えている女性に、母親としての兼ね備えていなければいけない知識や出産に関する知識を広めたり、家族の在り方について指導するという側面もあります。

産婦人科には男性の医師が多いながらも、男性は助産師の資格を取得できません。

その現状がたびたび問題視されていますが、それだけ女性の助産師の役割が大きいということがその理由でしょう。

決して男女差別ではなく、女性という立場からしか教えられないことが、助産師には多いのだと思います。

助産師は独立することも可能な職業

助産師は主に、産婦人科や保健センターで働くことが一般的です。

また助産師は施設に勤務する場合以外にも、「助産院」を開院して、助産師として独立することもできる職業です。

しかし独立は簡単ではありません。

助産師が医師の指導なく行えるのは、正常な分娩のサポートのみと法律で定められています。

分娩において異常が発生した場合は、すぐに医師の指導を受けながら分娩のサポートをしなければいけない為、ある程度、医師との連携が取れる環境・状況が必要です。

まとめ

助産師は、豊富な知識と技術が必要な職業ですが、命の誕生に関わる仕事なので、うまく出産した時には大きな感動を得られる職業だと言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、助産師の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから