非正規雇用も多い、テーマパークスタッフってどんな仕事?

テーマパークスタッフは来園者に夢を与える仕事

テーマパークスタッフは、テーマパークに遊びに来ている方が、少しでも良い時間を過ごせるように、あらゆる面から運営のサポートをしていく職業です。

具体的な内容は、受付や誘導、園内の店舗での販売、季節ごとのイベントの出演など多岐に渡ります。

レジャー施設で働くので、テーマパークスタッフに資格や多くの知識は必要ではありません。

それでも、来園者とのコミュニケーション能力や、笑顔を絶やさないこと、来園者を守ることに対しての責任感などが求められます。

テーマパークスタッフは、アルバイトなど非正規雇用の場合が多く、正社員雇用が決して多い職業ではありません。

そして園内を動き回ったり、基本的には立ち仕事が多いので、若い世代が中心となっている職場が多いです。

テーマパークスタッフにはいろんな仕事内容がある

テーマパークスタッフは、そのテーマパークのイメージやテーマに沿って仕事を行います。

どんな仕事内容であっても、そのテーマパークの世界観を壊さないように心がけることが大切です。

仕事中でも、常に来園者の目や行動に気を配る必要があるということです。

先ほど紹介したような仕事内容以外に、来園者の目につかないところで仕事をする、裏方のテーマパークスタッフもいます。

アトラクションの点検や運行管理、テーマパークのイベントの企画、事務作業なども、テーマパークの大事な仕事です。

裏方の存在があってこそ、安全で楽しいテーマパークのサービスを提供できるのです。

テーマパークスタッフは仕事内容を明確にして就職を目指す

テーマパークは観光業として運営されていますので、そのような学科の専門学校に通って、就職するという方もいます。

ただし、園内のレストランなどで働く場合は、調理師としての資格、経験が問われる場合もあるので、どんなところで働きたいか、明確なプランを持っておくことも大事です。

先ほど紹介した設備の点検や管理を行う場合も、採用条件に資格を設けているところがあります。

まとめ

テーマパークスタッフは、どんな勤務形態で働いている方でも、人を楽しませたいという気持ちと責任感が必要となる職業でしょう。

夢を壊さない、をモットーにしている、と言っても過言ではありません。

派遣会社ランキングでは、テーマパークスタッフの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから