土木作業員は常に需要のある職業!

土木作業員は現場作業で人々の生活を支える仕事

土木作業員は、工事現場での作業、重機の運転などが主な仕事内容です。

年齢の若い方、体力に自信のある方、さらに重機の免許を取得している方などが、就職することが多いです。

土木作業員は、ずっと現場での作業を淡々とこなすだけではありません。

経験を積むと、作業現場の現場監督として働くこともできます。

現場監督になると、これまでの力仕事とは打って変わり、デスクで行う仕事がメインになります。

安全管理や工程管理などの管理は、作業を発注してくれている企業に対して、書面を作成し提出する必要があります。

もちろん、現場を仕切りながら、自らも作業に参加する土木作業員もいます。

大抵の場合は、現場監督は現場にはあまり参加せず、デスクワークを行います。

現場監督を兼ねた土木作業員は、多くの経験と知識が求められるでしょう。

災害の現場で活躍することもある土木作業員

土木作業員と言っても、携わる現場には多くの種類があります。

公共工事で言うと、道路工事やダム工事、建造物工事や橋梁などがあります。

その他に、ガスや水道などの配管工事を行う場合もあります。

ビルやマンションなどの民間工事と並行して行う土木工事も、土木作業員の仕事の1つです。

また、災害の被害を受けた現場の復旧作業も、土木作業員の大きな仕事です。

大きな災害があればあるほど、土木作業員が活躍することになります。

一時的に非正規の土木作業員を補填する企業もある

土木作業員として働くために必要なのは、資格よりも免許が多いです。

重機の運転、作業を行うための資格などは多種多様です。

土木作業員として就職した後に、資格取得をサポートしてくれるという企業も多く、最初は体力勝負になることも多いでしょう。

また、土木作業員として現場監督になることを目指すなら、「施工管理技士」の資格取得が効果的です。

大きな現場を取り仕切る場合、この有資格者でないと、現場監督が務まらないケースも多いです。

慢性的に人員が不足している職業というだけあって、特に新卒の求人は多く出ていることが多いです。

また一時的に人員を確保するために、非正規雇用の求人を出している企業も多いと言えます。

まとめ

土木作業員は、人々の生活を支えていく中で、なくてはならない仕事の1つだと言えるでしょう。

最近では人員不足を解決するために、都会を中心に外国人の土木作業員も増えていることも特徴です。

派遣会社ランキングでは、土木作業員の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから