需要が多いパソコンインストラクターってどんな職業?

パソコンインストラクターはパソコンのスキルを指導する仕事

パソコンインストラクターは、パソコンの基本的な操作や、主要なソフトウェアの使用方法を教える仕事です。

基本的な操作とは、OSの基礎やショートカットの使用方法、メールの送受信やネットの閲覧の方法などです。

もちろん、もっと高度な技術を教えているパソコンインストラクターもいます。

Office系のソフトや、デザイン用のソフトの使用方法を教えたりと、受講している方によって教える内容には大きな違いがあります。

従ってパソコンインストラクターは、基本的な技術だけ習得していればいいというわけではありません。

どんな仕事においても、パソコンの操作というのは非常に需要が高く、パソコンインストラクターは重要な役割を担っています。

受講している方のレベルを見定めて、受講者がパソコンを使いこなせるように、的確な指導を行っていきます。

パソコンインストラクターは資格を持っていると有利!

パソコンインストラクターは、資格や学歴に特に条件はありません。

それでも、パソコンの知識は幅広く必要になる職業です。

もちろん、1つのソフトを重点的に指導する場合は、そのソフトに対して十分な知識があるという証明になる資格があった方が、就職には有利でしょう。

専門的な資格としての需要が高い、MOSなどがそのうちの1つです。

MOSはMicrosoftの公式資格なので、パソコンインストラクターを目指す方が1番取得を考えておきたい資格です。

それ以外にも、特定のソフトに対する認定試験が数多く存在しているので、自分が指導したいものに的を絞って準備することも大切です。

パソコンインストラクターの正社員雇用は地域限定の場合が多い

パソコンインストラクターは、パソコン学校の講師として従事する他にも、大学などで情報関連の授業を行ったり、資格講座のインストラクターとして働く場合もあります。

パソコンインストラクターは、正社員以外の非正規雇用も非常に多い職業です。

正社員の場合だと、学校でパソコンの指導をする他、他のパソコンインストラクターのマネジメントなどを行う場合もあります。

パソコン学校で指導する場合、特定の地域での募集になる場合が多く、転勤はほとんどない職業と言えるでしょう。

まとめ

パソコンインストラクターは、これからの社会を形成する方のスキルアップに関係する重要な仕事です。

興味のある方は、目指してみても良いかも良いかも知れません。

派遣会社ランキングでは、パソコンインストラクターの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから