女性に人気のある、フラワーコーディネーターってどんな仕事?

フラワーコーディネーターは日常を鮮やかに彩る職業

フラワーコーディネーターは、いろんな場面でお花をコーディネートするスペシャリストです。

パーティーの会場に飾るお花をデザインしたり、クリスマスや母の日のギフトを作ったりと、美しい花々で私たちの生活に彩りを与えてくれています。

キレイなお花を飾るだけではなく、大切な空間をより際立てるというのも、フラワーコーディネーターの大きな役割です。

特に結婚式など、人生の節目になる大きなイベントの際は、大きな責任を伴う職業です。

フラワーコーディネーターは、お花を提供するクライアントと意見交換をして、予算や希望のデザインなどを決定します。

花をコーディネートする際は、そのときの季節やイベント会場の気温、雰囲気などによって変えていきます。

選択肢に限りがある中で、どれだけクライアントの希望に応えられるかが、フラワーコーディネーターの手腕の見せ所でしょう。

フラワーコーディネーターが活躍する場はさまざま

フラワーコーディネーターは、主に花屋で働いています。

花屋の店員として、花の販売や経営、仕入れまで行っている方もいれば、フラワーコーディネートの作業のみ(ギフトや花束作り)を行っているフラワーコーディネーターもいます。

花屋は、近くにあるホテルや飲食店と、提携している場合もあります。

お店の式典や、大きなイベントがある際には、フラワーコーディネーターに発注が入ります。

発注を受けたら、実際の会場に足を運んで、どのようなプランでコーディネートを行うか考えます。

フラワーコーディネーターの中には、デザイン系の企業で働く方もいます。

建物の内観をデザインする企業や、ディスプレイなどを取り扱う企業に就職して、フラワーコーディネーターとしてのスキルを発揮します。

また中には、直接ホテルや結婚式場で働くという場合もあります。

フラワーコーディネーターは非正規雇用も多い職種

フラワーコーディネーターは就職先も多いですが、雇用形態も様々です。

正社員の方も多いですが、パートや派遣社員、契約社員や業務委託も非常に需要があります。

業務委託でフラワーコーディネーターとして働く場合、予算や納期を先に決定し、お花を納品したあとに、報酬がもらえるというシステムが多いです。

花屋の中には、個人経営の小さい店舗も多いので、そういう店舗は正社員をあまり雇わず、パートやアルバイトに頼っているところも多いです。

まとめ

お花が必要とされる場面は、1年中数多くあります。

フラワーコーディネーターは、これからも活躍する人材が多い職種だと言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、フラワーコーディネーターの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから