バイヤーってどんな職業?

バイヤーは売れる商品を見極めて、それを流行らせる仕事

バイヤーは商品を生産しているところから買い付けて、販売することで商品を広めていくことが主な仕事です。

商品と言っても、洋服や家具、家電、食品など様々なものを取り扱っています。

バイヤーとして必要なスキルは、「売れる商品」を見極めて、正確な商品選びをするというスキルです。

担当する商品に関しての知識量、そしてトレンドを読む能力も必要となります。

商品を生産しているところにチェックしに行き、どんなものを買い付けるのかイメージします。

場合によっては国内だけでなく、海外で開催されている商品の展示会などに出向くこともあるので、行動力が必要な仕事でしょう。

自分が良いと思うだけでなく、その商品を店頭に並べたときのことをイメージしながら、どんな層を販売のターゲットにするのか考えます。

バイヤーの評価は、如何に良い商品を買い付けてくるか、だけでは評価されません。

買い付けてきた商品が売れてこそ、バイヤーの高い評価に繋がります。

大手企業のバイヤーはチームで動くことが多い

バイヤーの仕事は、企業や業界によって、多少異なる部分もあります。

一般的なアパレル関係のバイヤーであれば、セレクトショップのバイヤーとして活躍する場合が多いです。

ショップの規模が大きかったり、有名ブランドであったりすると、扱っているファッションアイテムの数が急激に増加します。

そういった環境で働くバイヤーは、数人のバイヤーやマーチャンダイザーと共に連携して、仕事を分担していきます。

個人のアパレルショップで働いている方は、バイヤーとしての仕事、販売と接客をすべて1人で担っているという方が多いです。

店の経営もこなし、自分の店のイメージを固めてから、理想の商品を集めていくというスタイルもあります。

バイヤーになるために持っておきたい資格は?

バイヤーとして働くにあたって、「販売士」の資格を取る方は少なくありません。

販売士は、マーケティング、販売管理などバイヤーに必要な知識をある程度有しているということを、証明できる資格です。

 

3級~1級まであり、1級は25%程度しか合格率がない、難易度の高い試験です。

しかし取得していれば、バイヤー以外にも流通業界において、さまざまな場で活躍することが期待できます。

資格を取得するのに年齢制限がなく、将来バイヤーとして働きたいという方は、学生のときに販売士の資格を取得するという方もいます。

まとめ

バイヤーは、トレンドを先読みし続け、これからも新しい文化を我々に届けてくれる職業と言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、バイヤーの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから