さまざまな知識が必要なセールスエンジニアとはどんな職業?

セールスエンジニアは技術職兼営業職

セールスエンジニアは、エンジニアとしての知識、営業職としての知識やスキルを兼ね備えた職業です。

クライアントに対して商品説明をしたり、仕様の打ち合わせを行うことで、製品を製造している工場とクライアントを繋ぐ架け橋のような存在です。

自社製品の知識はもちろん、エンジニアとしての技術、高いコミュニケーション能力も必要です。

セールスエンジニアが担う役割は企業にとって大きく、他のエンジニアに比べても給与が高めに設定されている場合が多いです。

どこの企業でも技術革新が求められている中、クライアントのニーズを理解し、どれだけ太いパイプを築けるかというのも、セールスエンジニアの大きな役割であり、腕の見せ所でしょう。

セールスエンジニアは製造現場とクライアントを繋ぐ

セールスエンジニアは、技術職兼営業職です。

企業によっては、「営業技術」と呼ばれることもあります。

商品の受注以外にも、現場とクライアントの間に入って、納期や工程の調整を行うこともあります。

そして重要なのは、クライアントの仕様に関する要望をしっかりと製造の担当に伝えるということです。

セールスエンジニアが上手く伝えないことには、クライアントのニーズに応える商品はなかなか提供できません。

またセールスエンジニアは、時に海外のクライアントとの橋渡しをしなくてはいけない場合もあります。

大きな企業に勤めている場合は、ある程度の言語力も必要になってくるでしょう。

セールスエンジニアは機器販売専門の企業で働く場合もある

機器メーカーに就職し、最初の方は商品の製造、設計からスタートするという方が多いです。

十分な知識を得ることができてから、セールスエンジニアに配属されるというケースです。

セールスエンジニアの求人は、正社員や派遣社員、アルバイトでも出ています。

どの場合でも最初からセールスエンジニアとして採用されることはごく稀です。

また、機器の販売を専門事業としている企業もあります。

そういった企業に就職した場合は、最初から即戦力のセールスエンジニアとして、迎えられることが多いです。

まとめ

セールスエンジニアは、常に新しい技術革新に付いて行かなければいけない為、とても高いスキルと経験が必要な職種と言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、セールスエンジニアの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから