カメラマンってどんな仕事?

カメラマンはさまざまな世界を切り取る職業

カメラマンは、広告や報道、芸能などさまざまな分野で写真を撮ることが主な仕事です。

ただ、写真を撮ればいいというわけではありません。

自分が撮影した写真が、どんな場所で使われるのか、どんな目的で使われるのかなどを考慮して、それに沿った写真を撮影することが重要となってきます。

カメラを始めとする機器の知識、光の当て方、写真の見栄えがより良くなるための構図といったように、カメラマンには多くの知識が必要です。

カメラマンは、新聞社や出版社、または広告代理店などに就職する方と、フリーランスのカメラマンとして活躍する方に分かれます。

カメラマンにはいくつかの種類がある

カメラマンは、どこで働いている方でも、必ず自分の専門分野を持っています。

さまざまな写真を撮る方もいますが、基本的にはベースとなるジャンルでカメラマンとして活動しています。

 

・報道カメラマン

新聞などに掲載する、事故現場等の写真を押さえるカメラマンです。

新聞社や雑誌社には、報道カメラマンが勤務している場合が多いでしょう。

 

・広告カメラマン

雑誌やポスターなどに掲載するための写真を撮影するカメラマンです。

企業から依頼を受けて、対象の人や車、料理などの写真を撮ります。

人を撮影する場合、カメラマンとスタイリスト、メイクさんと共にチームで撮影を行います。

その他にも、スポーツカメラマンや水中カメラマンなど、さまざまな専門分野を持っているカメラマンがいます。

カメラマンの求人状況は?

カメラマンになるには、カメラマンの養成学校、美術系の大学に通うのが一般的です。

その後、スタジオなどでカメラマンのアシスタントを行い、徐々にカメラマンとして独り立ちしていくというケースが多いです。

カメラマンの求人は、数あるジャンルの中でも、広告カメラマンの需要が非常に多いと言われています。

新卒採用は、各社年に1回しか行わないのがほとんどですが、欠員が出ることも多く、中途採用、アルバイトの求人も少なくありません。

小さなスタジオでは、求人が多い上に、アルバイトから正社員に登用されることを前提とした求人も、コンスタントに公開されています。

まとめ

カメラマンは働き方が多種多様で、人気のある職業です。

フリーランスでも有名なカメラマンになっている方も中には存在します。

しかし、経験もさることながら、センスが求められる職業でもあります。

カメラマンとして独立を考えるのであれば、ある程度の人脈も必要となるでしょう。

派遣会社ランキングでは、カメラマンの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから