派遣で仕事を探す!

1.派遣で仕事を探すポイント
皆さん、仕事を探す時、正社員として働きたいですか?それとも派遣という形態で仕事をしたいですか?ということを聞かれても、あまりピンと来ないかもしれません。
正社員と派遣社員って、何処がどのように違うのか考えてみましょう。

1)正社員で働くということは、正規雇用されることです。つまり無期雇用形態で仕事をすることです。企業は、企業の一方的な理由で会社を辞めさせることは出来ません。一方の派遣社員は有期雇用形態での労働となります。最近、巷で良く耳にする非正規雇用と言う形態になります。雇用される期間が始めから定められ、3年間までは企業と労働者の合意があれば、同一事業所内で契約をすることが出来ます。
このようなお話をしますと、派遣での労働は損と思ってしまうかもしれません。
そこで派遣で働くメリットとデメリットを考えてみましょう。
1−1)派遣で働くメリット
・自分のやりたい仕事ができる。
派遣で働くということは、始めに自分のやりたい仕事を派遣会社に登録しておきます。従って、企業側も目的にマッチした人材探しをしてきます。ですから、正社員として仕事をするよりも、もっと自分のやりたいことを中心に仕事を探すことが出来ます。スキルが上手くマッチすれば、より高額で自分の希望に沿った形で仕事に就くこともできます。
・自分のライフスタイルにマッチした仕事が探せる。
これも、前述したように、予め派遣会社にエントリーする際に、自分の希望を求人企業側に伝えることが出来るので、ミスマッチがなく、例えば1日3時間だけ働きたいとか、月・水・金だけ働きたいというような仕事に就くことも出来るのです。転勤や異動などは考えなくても良いのではないでしょうか。要するに、派遣で働くメリットは、自分が働きたい条件を、予め派遣会社にエントリーをしておくことにより、より自らが希望するような仕事の形態を選べるところなのではないでしょうか。元々、派遣での労働とは、本当に自分のやりたい仕事をやりたい時にやる。その技術なりノウハウを、企業が買うというところから始まったと私は思っております。
1−2)派遣で働くデメリット
・派遣で働く場合、殆んどが時給単価制ですので賞与は無いと考えておいた方が良いです。交通費も支給されないケースもあると思います。
・派遣で仕事をするということは、企業側はその派遣労働者の技術やノウハウを買う形になりますので派遣先の企業での教育等は受ける事は出来ないと考えておいた方が良いでしょう。自らのスキルは、自らスキルカップしなければ、契約期間満了の時期で終了になることは良くあるケースとなります。
・派遣で仕事をするということは、企業側も求める期間に求めるだけの労力を買うこととなります。従いまして、企業側に需要が無くなった時は、契約更新はしてくれません。また、派遣会社に、エントリーをして、新たな仕事を探さなければいけなくなります。

2)派遣で仕事を探すコツ
2−1)身だしなみは大事です。
派遣で仕事を探す場合、まずは派遣元の企業に出向くか、ウェブ上のエントリーシートに指定された内容を入力するところから始まります。ウェブ上でエントリーシートを入力した場合でも、必ず派遣元企業のキャリアコンサルタントとの面接が組まれます。この時から、既に求職作業は始まっていると思って下さい。派遣元企業のキャリアコンサルタントは、エントリーシート以前に派遣先に紹介しても大丈夫かをこの時点で判断しています。アパレルや飲食業のような仕事を探していても、まずはリクルートと思って、間違っても、Gパンなどで面談に行かないようにして下さい。
2−2)エントリーシートは、端的にはっきりと書くこと。
エントリーシートは、あなたがあなた自身をアピールできる最大であり、唯一の武器と思って下さい。エントリーシートで自分の長所は存分にアピールをしましょう。特に、有している資格等は必ず書いて下さい。派遣元の営業マンは、エントリーシートを基にキャリアコンサルタントから求職者の特徴等を話し合って、派遣先企業に営業に行ってきます。この段階で、あなたのアピールポイントが伝わっていなければ、折角の機会を失うことになってしまします。あと、ポイントは端的に書くことです。ダラダラと書くと、その段階で見てもらえないケースもありますので、要注意ですよ。
2−3)面接時は、胸を張って相手の目を見ながら答えましょう。
面接のポイントですが、誠実さをアピールするようにしましょう。自身の経歴は、これもエントリーシートと同じですが、どのような仕事をどのようなポジションでどんな作業をどのくらいしてきたか。5W1Hが基本ですね。エントリーシートを入力する際に、5W1Hを基本に入力するようにしましょう。質疑応答は、端的にはっきりと相手の目を見ながら、答えることがポイントです。私も過去にかなりの求職者と面接をしてきましたが、覇気がない、下ばっかり見ていてやる気を感じられないような態度の求職者には、質問もしないものです。面接も、ある意味ではコミュニケーションです。会話のキャッチボールが成立しなければ、その先はありません。お互いに気持ち良く、話が出来るような心構えをして行きましょう。

ここまで出来たら、いざ本番です。派遣元となる企業は沢山あります。1社に絞らず、数社にエントリーをした方が、早く良い仕事が見付ると思います。また、業種によって強みを持っている企業等もありますので、追ってその辺りも紹介して行きたいと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから