派遣登録って何をするの?注意点はこれだ!

派遣の登録って何をすれば良いするの?

派遣で仕事を探す場合、派遣会社に自分の希望する職種やプロフィールを登録しなければなりません。殆んどの会社がインターネットで登録が出来るように準備をしていますので、インターネットを利用して登録をしましょう。この際、パソコンが無くても、携帯電話でも登録が出来るような派遣会社は沢山ありますので、安心して下さい。
兎も角、ここからがスタートです。
派遣の登録会などで、登録票に記入する際は、字の綺麗・汚いは別として、誠意をもって丁寧に書くことがポイントです。
登録票を見て、『本当に仕事を探しているんだ!』という気持を伝えるような心構えが必要です。

派遣元企業ではこんなことが行います。

インターネットで派遣会社に登録をした際は、派遣会社から連絡があり、下記のような事を行います。また、登録会などでは、登録票に記入後、同じことを行います。

まずは登録をした派遣会社の説明を受ける

まずは、派遣という仕事の仕組みや登録をした派遣会社の福利厚生、社会保険など仕事に就いた際に、派遣元の企業とどのような契約をすることになるか説明があります。この際に、解らないことは遠慮なく質問をして、後でトラブルにならないようにしましょう。出勤日や労働時間、給料(時給等)、また有給休暇の取扱いや通勤時間などもはっきりと希望を伝えるようにしましょう。

エントリーシートによるスキルチェックを行う

次に、登録票(エントリーシート)に既に登録されている職種やプロフィールから、具体的にどんな仕事があるかなどの説明があります。この際に、希望の職種に沿った形でのスキルチェックを行う事がありますので、心の準備をしておいて下さいね。例えば、事務系の仕事ですと、パソコンの使い方や、EXCELやWORDをどのくらい使いこなせるかなどです。

キャリアカウンセラーによる実際の派遣先のはなし

ここまで終わるとキャリアカウンセラーと仕事の詳細についての打合せになります。全てが希望通りになる職業は少ないと思いますので、休日の扱いや実働時間、給料面もしっかりと交渉をして、納得のいく仕事をキャリアカウンセラーと打合せましょう。前述にも述べましたが、有給休暇の取扱いや通勤交通費の支給条件など、考えられるところは事前にチェックしておくことをお薦めします。

ここでの大きなポイントですが、登録をしている派遣会社(派遣元)は派遣先の会社に紹介をする話を進めるのですから、服装や身だしなみにもに注意をして下さい。派遣元の会社は、派遣先に派遣社員として紹介をするのですから派遣元の会社として、派遣社員が一般的な常識を持っているか判断をしております。ですから、まずは外見、服装や身だしなみは重要なチェックポイントなのです。
希望する職種が事務職ではないからと言って、Gパンなどカジュアルなウエアなど派手な洋服やアクセサリー類はこの段階で避けた方が良いです。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから