派遣の登録会での、身だしなみ3つのポイント、大研究!

派遣での仕事探しは、登録会から始まっていますので身だしなみは最大限の注意をしましょう。

登録会では、あなたが登録した派遣会社から実際に仕事をする会社に、あなたのキャリアや適性があっているかを判断されると共に、あなたの仕事探しの本気度を見極められます。
過去のキャリアや適性が合い、就業時間や賃金等の諸条件が合意できても、まずは身だしなみで判断されないようにして下さい。身だしなみで、本当にやる気があるのか問われても損になるだけです。
登録票(エントリーシート)の前に、そんな身だしなみについて、下記3つのポイントを絞って対策をしておきましょう!

派遣登録会にふさわしい服装とは?

前述に述べたように、派遣で仕事を探す場合、派遣会社に登録をして、その派遣会社から実際の就業先に派遣されることになります。
従いまして、派遣の登録会は実際には就職の面接と同じと思って下さい。
ですから、希望職種が飲食やショップ系、デザイナー系であっても、GパンやTシャツは避けたいものです。
男性ならば、スーツ若しくはYシャツの上にジャケット、ズボンはチノパン程度のビジネスカジュアルならば問題ないでしょう。
女性の場合、ジャケットにブラウス、スカートは膝丈の物若しくはワンピースが無難だと思います。ノースリーブや胸元の空いた露出度の多い洋服などは避けた方が良いです。

派手なアクセサリーや髪型は、禁物です。

派遣の登録会は、派遣で仕事を探すことが最大の目的です。茶髪や派手な髪型、派手なネールやピアスなど、仕事探しには関係ありません。目的とする職種を問わず、まずは『本当に仕事を探しているんだ!』という印象を登録した派遣会社のスタッフに解ってもらうことが肝心です。

登録票(エントリーシート)の内容を再チェック、ノートと筆記用具を忘れずに!

登録会の当日は、担当者やキャリアカウンセラーから、派遣会社の社会保険などの福利厚生の話や具体的な派遣先の話、就業条件、賃金等いろいろな説明があります。
あなたが登録した登録票の内容とマッチしているか、キッチリとチェックをし、解らないところがあれば、質問をして書き留めるようにしましょう。
担当者の説明やキャリアカウンセラーとの話に対して質問が出来て、キッチリと書き留める作業は、登録した派遣会社の担当者に良い印象を与えますので、実践してみて下さい。 
 

最後に

派遣登録会での身だしなみと心構え、チェック出来ましたでしょうか?
後は実践あるのみです。
あなたのやる気を最大限にアピールして、希望通りの仕事に就けるように頑張って下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから