派遣社員、契約期間の途中で契約を解除 どうなるの?

派遣契約途中解除 ケース バイ ケース

派遣社員が契約期間の途中で契約を解除されることになりました。たまに聞く話ですが、派遣社員は一方的に解雇されるようなことはありませんので安心をして下さい。
派遣期間中の契約解除には、いろいろなケースがあり、そのケースごとに対応が変わってきます。どんなケースがあるかお話をしましょう。

派遣元の企業の都合で派遣契約を途中で解除した場合

派遣元の企業と派遣先の企業の契約が解約されたからと言って、派遣社員と派遣元の企業の契約は解除されたわけではありません。
従いまして、このケースの場合は派遣元の企業が、契約満了まで雇用の安定を講じなければなりません。これは、雇用安定措置法で定められた立派な労働法違反になります。
この期間、派遣元企業は契約条件の下で、新たな派遣先を探したり、教育等、派遣社員の雇用の安定を講じる義務が生じます。
また、派遣契約を途中で解除する場合、雇用契約書又は就業条件明示書に明記してありますが、派遣期間満了若しくは、30日以上の賃金を支払って解除とするケースもあります。
派遣元の企業と雇用契約を行う際に取り交わす雇用契約書又は、就業条件明示書の中に、派遣契約解除に当たる措置が明文化されていると思いますので、確認をして下さい。

派遣先の企業の都合で派遣契約を途中で解除した場合

平成24年の派遣法改正により、派遣社員を契約の途中で解除した場合、派遣先の企業は、派遣社員に対して新たな就業の機会を確保しなければなりません。
また、休業補償等の支払いに要する費用を派遣元の企業に対し、負担しなければなりません。また、派遣元の企業に対し、事前に申し入れを行い合意を得る必要もあります。
派遣元の企業から、派遣契約を途中で解除する理由を求められたら、明示する必要もあります。
派遣先の企業の都合で、派遣契約を途中で解約することを申し出る場合は、派遣社員に直接契約解除の話は伝えず、派遣元の企業に事前に知らせなければなりません。トラブルの基となりますので、綿密に対応をして決定しないければなりません。

派遣社員の都合により、派遣契約の途中で仕事を辞めたい場合

派遣元の企業も派遣先の企業との契約があります。急に辞めたいと言われても、派遣元、派遣先の企業も困ることになります。
派遣元の企業と派遣契約を交わす際に、雇用契約書若しくは就業条件明示書に退職に関する事項が明記してあると思います。この内容に従って、派遣元の企業に対し退職を申し出るべきと思います。一般的には、退職をする30日以上前に書面にて届け出るようになっていると思います。このどちらかの書類の明示に反した行動をとると、損害賠償になるケースもありますので、円満な退職を希望するのであれば、この規定の通りに申し出ましょう。

≪総 論≫

総論になりますが、派遣社員本人から派遣契約の途中で解除を申し出たのでなければ、派遣契約の期間は雇用を安定させる義務が、派遣元・派遣先の企業に生じます。
解雇されるようなことはありませんので、安心をして下さい。但し、経歴を偽っていたり、職務態度が著しく悪い等、派遣社員に問題がある時は、話は変わりますので、用心をして下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから