派遣契約満了時の注意点 契約継続

派遣元の企業との契約期間が満了になる時

派遣先は、派遣社員の契約期間が満了になった時、契約を終了したくても継続したくても、派遣社員本人にその旨を伝えてはなりません。
また、派遣社員も継続して仕事が出来るのか、終了するのかを聞くことは出来ません。派遣社員は、あくまでも派遣元の企業と雇用契約を結んでおりますので、派遣元の企業を通して、その後のことを決めなければなりません。

同じ派遣先で契約が継続された時

派遣先の企業は、派遣元の企業に対し、派遣社員の継続の依頼を行い労働者派遣個別契約書を取り交わします。同時に、派遣元の企業は、派遣社員の意思の確認を行い、継続をするのであれば、新たに雇用契約書と就業条件明示書を取り交わすことになります。派遣契約の場合、同じ条件で契約を継続的に更新をする場合でも、その都度、この契約行為を行わなければなりません。一般的には、この機会に単価や労働条件の交渉などを行う事になります。
派遣社員は、契約更新の都度、雇用契約書と就業条件明示書に署名捺印をすることになりますが、この契約書の内容のチェックは必ず行ってください。
この契約の回数や通算での年数が本当に派遣契約が満了となり、退職する時の雇用保険の支給条件や契約期間が大きな意味を成してきますので、要注意です。

派遣社員の3年ルール

派遣社員は、同一労働同一職場で3年以上派遣社員として働くことは、法律で認められておりません。正社員雇用による社会保険の負担を軽減したい企業側は、3年を前に派遣社員との契約を解除し、別の派遣社員を雇用したり、一定の期間をおいて、また派遣社員として復帰させたりしています。これが、派遣社員の3年ルールです。
最近では、有期雇用契約である派遣社員を、無期雇用契約に切り替えることにより、3年ルールを回避するケースが良く見受けられます。
労働条件は、変わらないにも関わらず、有期雇用契約から無期雇用契約に変わっただけなので、仕事の内容や待遇は何も変わりません。
ただ、雇用が安定したように見えているだけです。

派遣契約の本当の意味と実態

派遣契約で仕事をするということは、自分のスキルを活かし、本当に自分のやりたい仕事をやりたい時間にできる仕事の形です。しかしながら、現在では正社員を雇用することによる企業側の負担が大きいため、有期で雇用できる派遣社員を使う企業が多くなってきました。企業は、社会保険の負担もなく、有期の契約期間で契約の解除でき、即戦力になるような契約社員を必要な期間だけ、求めるケースが多くなってきています。

≪総 論≫

総論になりますが、派遣社員として3年程度実務を経験し、その経験を生かしてキャリアを積み、即戦力になりうる実力を存分にアピールして、正社員として働くことを目指しては如何でしょうか?
派遣社員には、契約期間に定めがある分自由度もありますが、福利厚生面や社会的な保障という面では、なかなか安定出来ません。正社員のように転勤や位にそぐわない仕事までしなくても良いかもしれませんが、やはり生活の安定という意味では、正社員として仕事をした方が良いとは思いませんか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから