派遣社員とパートアルバイトの違いって何?


正社員以外の働き方に、派遣社員とパートアルバイトという働き方があります。派遣社員とパートアルバイトって、何処が違うのでしょうか?そして、どちらの方がどのようなメリット・デメリットがあるのか、ポイントを絞って解説を致します。

派遣社員とパートアルバイトは、雇用先が違います!

パートアルバイトは、雇用主が新聞や広告などの媒体で直接募集を行い、直接労働条件を決めて雇用する形になります。一方の派遣社員は、派遣元の企業に登録を行い、派遣元の企業と派遣先の企業の間で就業条件に見合った人材を就業させる形になります。ですから派遣社員は派遣元と取り交わす就業条件明示書に記載されている仕事以外は基本的に行いません。一方のパートアルバイトは、雇用主が直接雇い入れているので、派遣社員より幅広く仕事を求められます。ここに大きな違いが出てきます。

派遣社員とパートアルバイトは、どっちが給料が高いの?

派遣社員とパートアルバイトですが、一般的には派遣社員の方が給料は高いです。その理由は、パートアルバイトは、雇用主が直接募集を行う分、新聞や広告などの媒体に費用がかかります。また、パートアルバイトは直接雇用しますので、労働条件によっては労働保険や社会保険の負担も考えなければいけません。一方の派遣社員は、雇用先が派遣元の会社ですから、派遣先となる企業は、直接雇用にかかる費用や、社会保険等の負担を考えずに済みます。
派遣社員の場合、労働条件を絞り込んで派遣元の企業から採用をしますので、専門性も高く即戦力として求められることが多いのもその要因かもしれません。但し、その分期待通りの仕事が出来なければ、短期間で終了になってしまいます。

派遣社員とパートアルバイト、福利厚生面の違いは?

派遣社員は、派遣元の企業と雇用契約を結ぶ際に、派遣元の企業の福利厚生を利用できるようになります。最近では、労働保険や社会保険だけではなく、年1回の健康診断や派遣元の企業が契約している宿泊施設やフィットネスクラブなどもお得に利用できるサービスも充実しております。一方のパートアルバイトは、直接雇用されておりますが、正社員と同等な福利厚生を受けられるケースは、殆んどないようです。

派遣社員とパートアルバイト、どっちが得?

派遣社員とパートアルバイト、どっちが得って基準はありませんが、思いつくままにその違いを列挙してみましょう。

年末調整と確定申告

派遣社員の場合は、派遣元の企業と雇用契約を結んでおりますので、一般的には派遣元の企業で年末調整をしてくれますが、パートアルバイトは、自分で確定申告をしなければなりません。

給与(時給)の違い

派遣社員は、自分のスキルを売る形になりますので、パートアルバイトより専門性が高く、時給も高いのが一般的です。

長期で働けるか短期の仕事になるか

派遣社員は、有期での契約ですので短期間の契約期間で満了になってしまうことがあります。パートアルバイトは、学生などの季節的な仕事もありますが、通常は専門性がない分長期で安定的に仕事が出来るケースが多いです。

派遣には出来ない仕事がある

パートアルバイトは、直接雇用される形になりますので、雇用主が求める仕事に制限はありませんが、派遣社員の場合は、法律で派遣を行ってはいけない業種があります。港湾作業や警備員などがその業種にあたります。(政令26業種以外)

トラブル時の対応

仕事上でトラブルが生じた時、派遣社員は派遣元の企業の担当者が派遣先の企業と話合いを行い解決をしますが、パートアルバイトは、雇用主に直接雇用されておりますので、場合によっては、自己責任を問われるケースもあります。

≪総 論≫

パートアルバイトは、仕事をする企業に直接雇用されておりますので、自身をアピールできる機会も多いと思います。そのまま正社員として仕事に就くケースも良く見受けられます。
一方の派遣社員の場合は、あくまでも非正規労働者ですから、有期で終了になってしまいます。3年を超えて、同一労働を継続することも出来ません。
しかし、紹介予定派遣のように正社員になることを目的とした派遣制度もあります。
どちらの働き方が良いか、良く考えて安定した就職先を見付けるようにしましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから