シニア世代の転職は、要注意!その現状は?

シニア世代の就職状況と労働環境

最近、何もしないのに給料が高いなんて言葉を良く耳にします。それは正しくこのシニア世代に向けられた世間の風評なのです。
多くのサラリーマンは、30歳代半ばで課長職になり、40歳代で部長になります。50歳代になると、一部の優秀な人材は取締役となり、会社の経営に参画をしますが、殆んどの50歳代のサラリーマンは、役職定年を迎え、年収も減らされる傾向にあります。企業の人員構成は、やはりピラミッド型になっております。仕事も引継ぎ慣れあいになっているようなシニア世代のサラリーマンは、業績によってはリストラや肩たたきの対象になりかねないのが現状です。早期退職者を募られるような時も、真っ先に対象となってしまうのが、この世代のようです。これが男性・女性も問わずシニア世代の労働環境の現状なのです。

シニア世代の転職、成功と失敗のカギ

そんなシニア世代にも、転職に成功する人達もおります。しかしながら、それは本当に極一部の人達なのです。どのような人達が転職に成功をするか、箇条書きにしてまとめてみます。
・非常に強いコネクションを持ち、経営者若しくは、スペシャリストとして転職を行う人達
・非常に優れた資格を有し、その資格で転職が可能な人達
・非常に優秀な技術力を有していて、その技術力をが認めらている人達
・転職する本人にお客様が付いていて、お客様毎転職先に持って行けるような人達
上記のように、非常に限られた人達になると思います。シニア世代になれば、それなりに高収入を求めることになりますので、即戦力でないと難しいというのが現状ではないでしょうか?

シニア世代の転職の失敗例ですが、
・役職やコネクションを持っていない人達
・特に技術もないのに、異業種への転職を求める人達
・自分のやりたいことが決まっていない人達
このようなシニア世代の転職は、失敗することが多いと思います。年収は勿論、待遇満処遇面でも納得が出来ず、たとえ転職が出来ても、直ぐにまた転職をするということになり兼ねません。

シニア世代の転職、覚悟が必要

シニア世代の転職ですが、上記に成功・失敗の事例を述べましたが、一つだけ大きな覚悟をする必要があります。それは、今まで慣れ親しんで来た職場環境が一変することです。
一緒に仕事をする仲間も、会社の習慣や文化も異なってきます。慣れ親しんだ職場環境から、新しい会社のやり方に慣れるのは、それなりのストレスになります。いち早く慣れるような努力をすることが必要です。

シニア世代の転職、成功のポイント

シニア世代の転職の成功のポイントですが、それはズバリ先を見通すことができる転職をすることでしょう。企業は、正規雇用社員であれば一方的に解雇することは出来ません。上記の成功のカギでも書きましたが、余程の自信がない限り、転職はしない方が良いと思います。特に50歳代になると、子供の学費や住宅ローンなどお金も必要な時期です。老後の年金も、今や受給額が下がる一方です。
それでも転職を考える方々は、これからの人生設計をしっかりとして、腹を決めて行うべきでしょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから