システム開発における正社員と派遣社員の作業の違い

作業の工程により、正社員と派遣社員の役割は違います。

IT関連のシステム開発の仕事には、作業工程があり、この作業工程によって、正社員が分担すべき仕事と派遣社員の方が得意とする仕事には大きな分かれ目があります。システム開発プロジェクトの作業工程によって、どのような違いがあって、正社員に向いているか派遣社員に向いているかを検証してみましょう。

要件調整・要件定義、基本設計の工程

お客様とシステムの要件の調整を行い、要件定義書を作成し承認を得るまでの作業の工程です。この工程は、実際のプロジェクトの指針となる要件を固め、その後の作業規模やスケジュールを作成する最も重要な作業工程になります。予算の策定も行いますので、この工程は、正社員が行うのが一般的です。また、この要件定義書を基に、基本設計書を作成して、お客様にプレゼンテーションを行い、承認を頂く工程のもなります。
この工程は、やはりシステムの規模や予算を決める工程になりますので、一般的には正社員が行いますが、稀に経験豊富な派遣社員や外注社員をサブメンバーとするケースもあります。
これらの工程を、プロジェクトの上流工程と言います。この上流工程は、先程も説明しましたがプロジェクトの予算や作業スケジュールを決めるため、正社員が中心となって作業を行うケースが多くなっております。
ここで決めた、予算と作業スケジュールの中で、どの時期にどのくらいのスキル・キャリアを持った技術者をどのくらい集めるかを決めるのです。
一般的には、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーと教育のために、若手数人でチームを組み、若手には議事録を取らせ、経験を積ませるようにしますが、システムの規模が大きい場合、経験豊富な派遣社員や外注社員に手伝ってもらうことも多く見受けられます。

詳細設計の工程

基本設計書を基に、画面設計や帳票設計、データベース設計などを行います。
この作業工程は、キャリアが生きてきます。経験豊富な派遣社員や外注社員もプロジェクトに多く登用されるような工程になります。プロジェクトの要員計画の中で、増員を始める工程になってきますので、正社員は要員を管理するような仕事も増えてきます。

プログラミング~単体テストの工程

詳細設計書を基に、プログラミング作業を行い、詳細設計書作成時に一緒に作られた単体テスト計画書を基に単体テストを行い、エビデンスを起こします。
この工程は、技術者としての力量を問われる作業工程です。経験豊富な派遣社員や外注社員を多く雇い入れる工程になります。大きなプロジェクトですと、この工程で数百工数から数千工数の技術者工数を必要とするようになります。
開発期間も限られておりますので、有期で契約ができる優秀な派遣社員や外注社員の力を借りるのに、最適な工程となります。システム開発のプロジェクトで一番工数が多いのがこの工程になります。この作業工程を如何に上手くスケジューる通りに進められるかが、システム開発プロジェクト成功の大きなカギとなります。

結合テストの工程

プログラミングと単体テストの工程を終えると、プログラム間や業務間の結合テストを行います。この時期になりますと、プログラミングと単体テストでプロジェクトに参加した技術者は、殆んど必要がなくなりますので人員の削減を行うようになります。この作業工程は、基本設計や詳細設計を行ったメンバーが中心となり、一部の技術者を残す形になりますので、正社員が中心に行う工程になります。

総合テストの工程

各サブプロジェクト間のテストを終え、全てのシステムのテストを行います。この作業工程では、殆んどが要件を取り纏め、基本設計を作成したメンバーによって行われます。従って、有期で契約をしている派遣社員や外注社員は、このプロジェクトから殆んど姿を無くします。

保守・メンテナンス作業の工程

システムも本稼働をし、プロジェクトも解散します。このシステムは、一般的には、数名の正社員が保守・メンテナンスメンバーとして残ります。従いまして、この作業工程まで来ますと、派遣社員や外注社員が残ることは、殆んど無くなります。

≪総  論≫

上記のことから、システム開発のプロジェクトの工程の中で、派遣社員及び外注社員が活躍できる作業工程は、詳細設計からプログラミング・単体テストという専門的な技術力を有する技術者が必要な工程となります。
この期間は、トラブルがなければ大きいプロジェクトでも1年か2年、小さいプロジェクトですと数カ月間、有期で契約のできる派遣社員や外注社員の力を最も必要とする時期なのです。
システム開発に於いて、要件の調整から、保守作業まで全ての工程を経験したいのでしたら、正社員としてシステムに係わることをお勧めしますし、技術力や専門知識を磨いて特化した存在として、システム構築に係りたいのであれば、有期の期間で自分自身の技術力を存分に発揮できる派遣社員として仕事をすることも良いかもしれませせん。どちらの方が、自分に向いているか、考えて仕事を選んでも良いのではないでしょうか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから