シニア世代の転職に役立つ資格はこれだ!

シニア世代が転職をする際に、資格を持っていると有利です。

シニア世代の方々が転職を目指したり、定年後の仕事を探す時に、やってみたい仕事にあった資格を所持していることは、登録する派遣会社のコーディネーターや雇用先へ人事担当者に対して大きなアピール材料になります。特に、シニア世代は取得している資格によっては合否のポイントにもなりかねません。そんな資格を、少し紹介してみたいと思います。

宅地建物取引士

この資格は、土地や建物を売買する不動産会社や、アパートやマンションを賃貸する仲介業者の事務所に必ず一人は有資格者がいなければならない資格です。この資格を所持している人材が居なければ事務所を閉鎖したり、廃業をしなければならなくなります。そんな重要な資格なのです。不動産物件の売買や賃借に際し、宅地建物取引士が事前に契約書の内容を説明したり、契約書類に署名捺印をしなければなりません。つまり、宅地建物取引士が居なければ、不動産の売買や賃借を行う事は出来ません。それ程重要な資格なのです。従って、不動産会社や不動産賃貸業を転職先として希望する人達には、非常に有利な資格なのです。

管理業務主任者

マンションなどの集合住宅に欠かせない資格となります。マンションなどには、必ず管理組合があります。管理組合の仕事は、本来管理組合で行うものですが、一般的にはマンション管理会社に委託する形が多く見受けられます。マンション管理会社は、管理業務主任者を一定数以上所有していなければいけないと法律で定められておりますので、マンション管理会社は、管理業務主任者の雇用を行います。マンションや集合住宅の法律的な知識を持って管理業務を目指している人達は、この資格がなければなりませんので、非常に有利な資格になります。

ケアマネージャー

介護支援専門員とも呼ばれております。この資格は、都道府県の介護サービスの認定を受けた本人とその家族の依頼によって、その後の介護のプランを立てたり、支援をする仕事になります。
高齢化社会が進んでいく中、非常に注目を浴びている資格ではありますが、保険・医療。福祉の業務の実績経験が5年以上あり、900日の従事日数が求められますので、非常に重責な仕事であり、受験の対策も非常に大変です。また、この仕事は高齢者や障害者とコミュニケーションを図り、そのような方々の気持ちになって接することが出来なければ勤まらない仕事ですので、相当の覚悟と責任感が要求されると思います。しかしながら、この仕事の需要は今後も増えて行きますので、需要は増える一方になると思います。

TOEIC

TOEICは英語のコミュニケーション能力を示す世界的に標準化された資格テストです。世界標準言語である英語力をアピールできる指標となります。シニア世代の皆さん、今までのキャリアに英語力を生かした仕事が出来たら、やはり魅力的ですよね。私はサラリーマン時代、物流企業で仕事をしておりましたが、やはり英語の出来る社員はエリートという認識がありました。今でも変わらず、英語力のある社員はエリートとなっております。今まで培ってきたビジネスノウハウと英語力を生かして、もう一花咲かせてみては如何でしょうか?
シニア世代の皆さんならば、目標は、800点以上は欲しいと思います。

他にも、シニア世代だけでなく新卒や個人経営、経営者に役立つ資格は沢山あります。シニア世代でも、やりたい仕事に合った資格にチャレンジして、自身の人生のステップアップをしてみませんか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから