配偶者控除の範囲で仕事をしたい主婦への助言

配偶者控除とは

配偶者控除と扶養控除とは、別の違うものになります。扶養控除は、一家の主と生計を共にする親族を扶養する場合に控除される制度です。つまり、家族を養うための減税処置です。
配偶者控除とは、戸籍上の婚姻関係にあり、年間の所得(収入)が38万円から76万円未満の青色申告も白色申告もしていない親族、つまり妻ということになります。

良く耳にする所得103万円の壁って何?

給料として収入を得ている人は、必要経費として65万円が自動的に申告額から引かれます。従って、38万円+65万円=103万円となりますから控除額の最大は103万円ということになります。所得(収入)が103万円までの配偶者は、配偶者控除額の最大38万円まで控除となります。これが103万円の壁ということです。103万円を超えると76万円+65万円=141万円まで段階的に控除額は減らされることになりますが、配偶者控除はゼロにはなりません。因みに、所得(収入)が100万円以下ですと、本人の所得は住民税の課税対象にもなりません。

皆さん、130万円にも壁があることをご存知ですか?

実は、所得(収入)が130万円以上になると、夫の配偶者控除の範囲で働きたいなんて言っていられないことになります。前述しましたように、141万円までは、配偶者控除は減額されても受けることができますが、130万円の壁を超えると、自分自身が社会保険(健康保険と厚生年金)に加入しなければならなくなります。その額は、おおよそ30万円くらいになり、実質的な手取り収入は減ることになりますので注意をして下さい。

最後の壁は、141万円です。

最後の壁、141万円って何でしょうか?この壁は、配偶者控除もゼロになり、社会保険も自分自身で加入しなければならない、つまり、普通に働く世帯主と同じ扱いになるのです。
141万円以上 お仕事をするのであれば、それなりの覚悟をして下さい。

≪総 論≫

総論ですが、配偶者控除を最大に生かして収入を得るために働くには、103万円未満の仕事をすることです。一家の主の社会保険の範囲で収入を得て働くには、配偶者控除は減額されますが、130万円未満の仕事をすることです。130万円以上の仕事をするのでしたら、社会保険料を超える仕事をしないと手取り収入は減ることになります。約30万円の社会保険料が係りますので、160万円以上の仕事をしないと収入は増えませんので、注意をして下さい。また、160万円以上の仕事をしますと階級毎に社会保険料も上がって行きますので、この点にもご注意下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから