シニア世代の転職の注意すべきポイント

シニア世代の転職は、思っているほど甘くはない!

シニア世代の転職は、20代30代の頃のように、『一から出直して頑張る!』なんて簡単な気持ちで考えていると大きな間違いを犯してしまう事になりかねません。
年齢もスキルもキャリアも既に身に付けている即戦力として期待されます。長年取引のあった企業に引き抜かれての転職や、グループ会社への転職であれば、過去のスキルもキャリアもそのまま生かせると思いますが、心機一転して、全く知らない会社に転職を考える場合は、雇用先の企業も、教育訓練のようなことは考えないと思いますので、かなりのリスクを背負って、始めから結果を求められることを覚悟して置かなければなりません。そんなリスクを背負ってでも、転職を希望するのであれば、かなり厳しいと思いますが、ポイントを少し抑えておきましょう。

転職先が求めるスキルやキャリアを充分に持っていて即戦力になれるか?

雇用側がシニア世代の転職に求めるポイントは、やはり熟練したスキルとキャリアにあると思います。自らのスキルとキャリアをどのように生かして雇用先に貢献できるか可視化して、アピールできるようにしましょう。出来れば、雇用先に如何に貢献できるか、ハッキリと説明出来るように、過去の職務経歴書をより具体的に準備しておきましょう。
パワーポイントのようなツールを使って、アピールポイントをより具体化してみるのも良いと思います。面接の際に、プレゼンテーション能力までアピールできれば、かなりの高ポイントになることでしょう。

職場環境、特に人間関係を上手くやって行けるか?

前述にも挙げましたが、シニア世代にもなると、慣れ親しんだ職場環境や人間関係があると思います。長年取引のある会社やグループ会社への転勤であれば、職場環境も人間関係もそれ程変わらないと思いますので、あまり心配は無いのですが、新たな転職の場合は、全てが一変する形になります。かなりの年下の上司の下で仕事をしなければならないことも出て来るかもしれません。シニア世代の転職で、一番の失敗談は、ここにあるように聞いております。やっとのことで入社はしたけれど、社風や人間関係が合わず、会社を辞めて、また転職を考えてる人がかなり多く見受けます。良い職場や人間関係に当たれば良いのですが、それぞれの会社には、必ず社風があります。ここのところは、転職をする前に、充分に認識してから、行動することをお薦めします。

求める待遇・処遇が得られるか?

シニア世代ともなると、現在お勤めの会社では、それなりの待遇(所得面)や処遇(役職)に付いている方は、少なくはないと思います。全くコネクションが無くて転職を考えるとなると、スキルやキャリア次第で、待遇や処遇に大きな影響を及ぼすことになるやもしれません。雇用主も、本当に戦力になるか、一つの賭けのようになりますので、即戦力になりうる資格や技術等を有していれば、話は別ですが、一般的には、かなり厳しいものになると思います。この件も、転職を考える前に充分に認識をしてから行動をして下さい。

≪総 論≫

シニア世代の転職には、いろいろなケースが考えられます。自らのスキルやキャリアを生かした前向きな転職や独立。役職定年やリストラによって、転職を考えるようになるケース。親の介護等で
転職を余儀なくされているケース等、様々です。
シニア世代の転職は、一般的には非常に厳しいものであると考えた方が良いと思います。一つの会社で、培ってきたスキルやキャリアは、木で言えば年輪のようなものです。多少の苦労や苦痛も
あるかもしれませんが、折角積み重ねて来た年輪、最後まで積み重ねるのも人生かと私は思いますが如何でしょうか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから