今、女性の働き方が注目を浴びている

少子高齢化社会による労働力の減少を女性の労働力を活用して脱却

安倍政権の成長戦略の一つとして、女性の管理職の増加や産前産後休暇の取得、育児休暇の活用の促進などの環境整備が進んできております。これは、最近話題になっている少子高齢化によって労働力が減少しているという問題に対して、その労働力を活性化するための施策として女性の労働力がクローズアップされてきているからと思います。
勿論、シニア世代の労働力も活性化の強化施策としてクローズアップして欲しいと思います。しかしながら、日本は先進国でありながら、女性活用の面では、世界の後進国と言われる状況にあります。このことからは、一早く脱却をしなければならないことは事実だと私も思います。女性が女性として働けるような職場や仕事の環境作りは必須です。

男女雇用機会均等法を考えてみる

約30年前に、男女雇用機会均等法が施行され、労働における男女差を撤廃する法律ができました。しかしながら、未だに女性の活用は十分に進んでいる状況ではないと思います。最近は、電車の運転手や車掌、路線バスの運転手、トラックの運転手などにも女性達が働く姿をよく見るようになりました。女性管理職の増加も著しくなってきているように感じます。でも、女性には女性にしかできない妊娠・出産という大きな仕事があります。この面からも、全ての面で男女の雇用を均等化することは、難しいと思います。産前産後休暇や育児休暇を男子も取得し、家事を分担するなどという事は良いと思います。しかし、女性にしかできない妊娠・出産や授乳というような仕事がある以上、男性にも男性の方が得意な仕事を積極的にやるべきと私は思います。労働力の減少は、少子高齢化という結果が原因で減っていることは確かだと思います。
しかしシニア世代の活用により、労働力の減少問題は、かなり軽減されると思います。今の60歳は、まだ若いです。長年培ったスキルやキャリアも持ち合わせております。
65歳定年制が標準化されてきておりますが、実態は60歳を過ぎると収入は半減してしまうような状況です。もっと、60代のシニア世代のを活用するべきと思います。

働き方改善のやり方と方法

最近、女性が働きやすいように働き方を改善する企業が多くなってきました。子供が3歳になるまで原則1日6時間の時短勤務を可能にする法律ができたり、月間の労働時間と必ず出勤していなければならないコアタイムを設けるフレックス勤務制度を導入する企業も多くなってきました。最近ではインターネットなどの普及により在宅で勤務をするなど、子供を持つ女性にも仕事をしやすい制度を採用する企業も増えて来ております。
派遣会社やハローワークなどの人材開発機関やインターネットなどの媒体で、いろいろな情報が載っておりますので、復職を考えている女性は、検討してみて下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから