これから求められる職業、無くなる職業

先進の技術力によってなくなっていく仕事・職業

近年、ICT(情報通信技術)、AI(人口機能)、ロボット工学やIOT(物のインターネット)などの技術が急速に発達と共にビッグデータの情報活用等により、いろいろなの分野で、今まで人間が行ってきた仕事を機械が行えるような時代になってきております。
現在でも、東京のゆりかもめや神奈川はシーサイドラインのように公共交通機関の無人運転や自動車工場の溶接のロボット化など、機械やロボットが人に変わって仕事をするようになってきて居ります。このような仕事と・職種は、今後凄いスピードで増えていき、労働力は機械化されていくように思えます。
政府も『働き方改革』の中で、少子高齢化による15歳から64歳までの『労働力人口』の減少の対策として、これらの技術の研究開発に力を注いでおります。AI(人口知能)の世界では、特別な知識やスキルが求められない職業に加え、データ分析や秩序的・体系的な操作を求められる職業についても、機械化に代替できる可能性が高いとされております。

これから求められる職業はどんな仕事でしょう?

これから求められる職業、仕事は、労働人口の減少に伴い、ICT(情報通信技術)、AI(人口機能)、ロボット工学やIOT(物のインターネット)などの技術で代用できるような仕事は、初期投資を伴いますが、徐々に機械化され仕事としてはなくなっていく傾向にあります。
従って、これらの先進技術で賄えない職業や仕事に雇用が求められるようになると思います。まずは、このような先進技術に係る技術者は必要不可欠な存在であることは、間違いありません。それでは、どんな職業が求められていくのか、アメリカ労働統計局が発表した2014年から2024年の間の雇用増加予測を基に考えていきましょう。

1位は、公認看護師

職務内容は、患者の治療ニーズの判断と看護業務

2位は、組織や企業の運営管理者

職務内容は、組織や企業の運営計画・指揮命令・調整

3位は、ソフトウェアアプリケーションは開発者

職務内容は、ユーザー志向のフロントエンドコンピューターアプリケーションとプログラム開発者、つまりエンドユーザーの要件の調整を行い、要件定義から基本設計を行い、プログラム開発から保守業務まで全てを行えるコンピュータエンジニア

4位は、コンピュータシステムアナリスト

職務内容は、コンピュータシステムの開発と改善を行うためのデータ処理の問題分析

5位は、医師・外科医

職務内容は、多様な専門分野における患者の治療、外科的手術

6位は、会計士、会計監査

職内容は、会計帳簿の監査、分析、評価が出来るレベル

7位は、マネジメントアナリスト

職務内容は、組織や企業の円滑な運営を目指す調査やそのプロセスの開発

8位は、コンピューターならびに情報システム管理者です。

職務内容は、コンピュータシステムにおける要件の計画や管理、調整が出来る管理者

8位まで紹介をしましたが、上記のように、医療系とハイテクノロジーに係る技術者や管理者の需要が増えそうな傾向にあるようです。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから