将来性のある職種、仕事って何?

将来性のある仕事って、どんな仕事?

現在、日本では少子高齢化による15歳から64歳までの『労働力人口』が、今後更に減少すると予測され、働き方を大きく変えようとしております。ICT(情報通信技術)、AI(人口機能)、ロボット工学やIOT(物のインターネット)などの技術が急速に発達すると共にビッグデータの情報活用等により、付加価値の伴わない単純作業は機械化され、人としての労働力は大きく減少することが予測されます。一方で、就業人口が増加すると予想される業種は、機械化によって減少する仕事を補う業種となるように予想されます。具体的には、機械化(IT化)に伴う専門知識を有する業務や、AIやロボットなどの商品企画、マーケティングや研究開発、ITエンジニアのような、先端技術を担う業種となって来ると思われます。また、高齢化に伴い、医療や介護という仕事も増えることが予想されますし、現在でも人手不足の豪快として問題となっております。
実際に、どんな職種が注目されているか、考えてみましょう。

医療、保健、介護の仕事

先端技術により、付加価値の伴わない単純作業は機械化され減少することにより、先端技術の開発や研究に労働力は増加すると思います。しかし、この分野は非常にストレス性の高い分野になると思います。従って、メンタルヘルスに係る仕事は増大して行くと思われます。また、先端技術の発達に伴い、癌のような不治の病も、治せる時代になって行きました。
そのような技術を使いこなせる外科医や、薬の研究開発などに労働力を増えていくように思います。一方で、高齢者が増えることは、間違いありません。従って介護に係る労働力も、必須不可欠になってきております。

IT業界の仕事

ICT(情報通信技術)、AI(人口機能)、ロボット工学やIOT(物のインターネット)などの技術が急速に発達すると共にビッグデータの情報活用等、先端技術の使い手は必須不可欠になることは間違いありません。情報はクラウド化され、働き方の面からも『テレワーク』などを利用する技術者も増加してくると思います。
今後の発展と、未来の働き方を変えるのは、この分野の人材が牽引役になると思います。AIやロボット、IOTとビッグデータの情報活用で、夢のような時代が来るかもしれません。しかし、その夢は今まで人間が行ってきた仕事に変わることとなるやもしれません。自動車の無人運転など、もう既に時代は動き始めております。

人材育成業界の仕事

上記のように、先端技術により付加価値の伴わない単純作業は減少の一途を辿ることと思います。従いまして、今後必要となる人材を育成する業界の仕事も増加すると思います。先端技術を駆使できる人材、商品の研究開発ができる人材、マーケティングができる人材、マネジメントが出来る人等、かなりの分野で人材の育成が必要となります。
従って、この業界も必要不可欠となると思われます。

営業職、事務職等は、先端技術を取り入れて、仕事のやり方は変わって行くかもしれませんが、社会の中で絶対に無くてはならない仕事と思います。将来性のある仕事は、ICTやAI、IOTとビッグデータ等の先端技術を駆使できる仕事になるのではないでしょうか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから