IT化によって生き残る仕事って、どんな仕事?

IT化の進化による今後の仕事への影響

ITの技術の発展によって、私達の生活は急速に便利になってきております。またIT化のスピードも加速化しており、私達の生活や環境は著しく変化してきております。
IT技術の応用は、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)や、ロボット化され、何度も言いますがIOT(物のインターネット)とビッグデータの蓄積や活用により、大きく生活環境が変わりつつあります。
それと同時に、人間としての働き方まで、大きく変わる時代となってきました。大きな生産工場や物流センター業務などは、AIやロボットの活用により、単純な作業だけでなく、ある法則にが適用できるような業務にまで機械化が始まっております。自動車も既に無人で運転をする時代になってきました。IT化が進むにつれ、便利になり生産性も向上するようになりますが、人間としての仕事は、このような機械化によって、急速に減少しております。少子高齢化が進む時代にとって、有難いことではありますが、失業者を増やしては何にもなりません。ただ、IT化は今後も進み、より安全で機能化された社会に変わって行くことと思います。
そんな中、人は何を仕事として行けば良いのでしょうか?IT化が進んでも、全て機械化は出来ません。今後、どのような仕事に需要が伸びるか考えてみましょう。

IT化されても今後生き残る仕事、増える仕事ってどんな仕事?

IT化されても、今後生き残る仕事、増える仕事ですが、大きく分けて下記のように2つに分かれると思います。

IT化に伴う仕事

 1.情報通信技術を使って、ネットワークを設計構築したり、運用・保守をする仕事
 2.AIを設計し、プログラミングする技術者や保守作業を行う技術者
 3.IOTを駆使するクリエイターと技術者
 4.ビッグデータを解析し、その情報からいろいろなデータを分析して物を作り出すクリエイターや技術者
 5.IT技術を統括するマネージャーなど

IT化が出来ていないクリエイティブな仕事

IT化の進化は非常に早く、またどこまでIT化できるのか解りませんが、現状で言えば、人と人との繋がりが必要な仕事は、まだ生き残るのではないかと思います。例えばホームヘルパーや看護師、介護士、教師、医師(外科医)のように直接対面する仕事などは、残るのではないでしょうか。そのような仕事も、一部は既にロボット化されている仕事もあります。他には、創造力や柔軟性を求められるような仕事も残るのではないでしょうか?芸術性のある仕事や創造性のある仕事などです。どこまでIT化が進んで便利になって、人としての仕事がなくなるか解りませんが、人としての心の篭もった匠の世界だけは、IT化によって失われたくないものですね。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから