未経験者歓迎やOKの求人

未経験歓迎やOKの求人の仕組み

企業の求人広告を見ると『未経験者歓迎』とか『未経験者OK』という言葉が良く使われております。企業が採用を掛ける時、当然経験者を優遇する筈ですが、何故求人の際に、このような言葉を使うのか知ってますか?
この仕組みを調べてみましょう。その仕組みは、いくつかパターンがありますので、パターン別の説明していきたいと思います。

求人の際に、とにかく応募数を増やしたい

大企業や、名の知られている企業には、求人媒体やフェアなどに出展すると、何もしなくても人は集まってきます。中小企業や、企業名を知られていない会社は、経験者を呼びかけても、求人者側もどのような経験値を求められているか解らないので、応募に応えてもらえないケースが多いのです。ここで『未経験者歓迎』とか『未経験者OK』とか書くと、応募しやすくなるのです。私も、適職フェアに出展した際に経験があります。当初は、即戦力になる技術者を募集しておりましたので、『経験者優遇』なんて張り紙をしておりました。ところが、会社の知名度がないために、敬遠され100万円を掛けて出展した適職フェアも数名しか、来場者が居なく、大失敗をした苦い経験があります。その後『未経験者歓迎』と書いたところ、来場者が急増して、対応に追われた思い出があります。但し、来場者は殆んどが未経験者でした。とにかく、応募者が求人者を集めたいのでしたら、『未経験者歓迎』や『未経験者OK』は非常に効果的であると思います。

本当に、特別な技術や知識を要さない仕事の募集

単純な作業や簡単な事務、接客など特別な技術や知識は必要とせず、コミュニケーションに長けた人の募集の時にも、『未経験者歓迎』や『未経験者OK』は良く使われます。また、飲食店や肉体労働などの求人にも良く見受けられます。このような仕事も、コミュニケーション能力や仕事に対する姿勢が良く問われますので真面目にきちんと仕事をする姿勢をアピールすると良いと思います。

企業側で教育ができる体制がある募集

企業によっては知識やスキルよりも、コミュニケーション能力や仕事に対する姿勢の優れた人材を募集する場合があります。特に、仕事の内容の専門性が高く、即戦力になる人材を求めても難しい企業などは、このような募集形態を良く使います。求職者も、そのような仕事に興味があるようであれば、積極的に募集に応じてみては如何でしょうか?自分の道が開けるかもしれません。未経験者として応募する際は、仕事に対する意欲と誠実さを積極的にアピールすると効果的です。

一つ目は、応募者が単に求人者を集める手段ですが、二つ目と三つ目は、本当に『未経験者歓迎』や『未経験者OK』の求人と思われます。未経験者で仕事を探す際は、仕事に対する積極性や真面目さをアピールすることが一番大事なポイントとなると思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから