転職活動は、何時から行ううべきか?

転職活動は、退職前から行いましょう!

転職をする際、何時から転職活動を行えば良いのか考えてしまうものです。転職先が決まってから、退職を申し出るのは気まずいですし、退職を申し出た際に、引き留めに合うことは良くあることです。
でも、本当に良く考えた結果として、転職活動を行ったのであれば、キッチリと理由を言って退職を申し出るべきでしょう。但し、一か月前、少なくても14日前には退職を申し出て、引継ぎ作業など指示に従って、お互いに納得して円満に退職ができるようにしましょう。飛ぶ鳥跡を濁さずです。

転職前に、転職理由をもう一度考えましょう

転職活動を行う前に、もう一度転職をする理由を考えてみましょう。ただ社風に合わないからとか、対人関係が合わない、上司が嫌だなど理由であれば、退職を考える前に、信頼できる方々に相談したりして本当に退職をして良いのか考え直してみては如何でしょうか?一時的な感情で退職をするのは、賢明な判断ではありません。ケースバイケースですが、転職を繰り返すようなことはあまり芳しいことではありません。転職を繰り返していると、転職希望先の人事担当は、堪え性がないのではないかなんて、よからぬ疑いの目で見られてしまうことが良くあります。今の会社を辞めて、転職をする理由を再確認して、自分にとって最善と思うのであれば転職活動を行いましょう。

退職後の転職活動はリスクが大きい

退職後に転職活動をするのであれば、退職直後から転職活動を行いましょう。退職後、時間が立てば立つほど再就職は厳しくなります。退職してから転職活動を行うまでの間、何をしていたのかなど、良からぬ疑いを掛けられる可能性もあります。
転職を希望するのであれば、始めの就職活動と同じように、誠実さとやる気を人事担当者に訴え出なければなりません。本来であれば、在職中から転職活動は行った方が良いと思うのですが、退職後になってしまった場合は、直ぐに転職活動を行うようにしましょう。
語学留学や資格取得などのために、転職活動をしていなかったのであれば、その理由と期間を履歴書に記載して、面接時には、詳細を説明出来るようにしておきましょう。

再スタートは、後悔のないようにしましょう

現在の会社を退職するにしても、転職先を決めるにしても、後で後悔をしないように良く考えてから行動に移しましょう。自らの意志で決め、採用をして頂いた会社です。皆さんもそれなりの覚悟で就職をした筈です。何度も転職を繰り返すと、スキルがあっても採用されづらくなります。転職をする際、また転職活動を行う際も、充分に考えて後悔のないようにしてから、行動に移しましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから